高陽の名所

プカンサン(北漢山)
プカンサン(北漢山)
homepage map
雄壮な山勢、季節ごとに彩る緑豊かな森と渓谷が絶景を誇る名山。ペグン台、インス峰、マンキョン台が大きい三角形を成して構成されています。その中でも主峰であるペグン台(白雲台)に登るれば、高陽八景の一つである雲海に沈んだ峰々が一目で見渡せます。ロッククライミングコースとして人気の高いインス峰(仁寿峰)、ノジョク峰(露積峰)、ボヒョン峰(普賢峰)、ビ峰(碑峰)、ムンス峰(文殊峰)など、歳月の風霜に削られた奇奇妙妙な峰々の間には10,300種余りの動植物が生息する自然に満ちた山です。プカン山城をはじめ、ムリャン寺(無量寺)、ノジョク寺(露積寺)、サンウン寺(祥雲寺)、テゴ寺(太古寺)、クッニョン寺(国寧寺)、トガム寺(徳岩寺)など古色蒼然な伝統寺院と文化遺跡が散在します。自然が息つく首都圏の緑の肺として国立公園の中でもっとも人びとに愛される秀麗な山です。
ハンガン下流ジャンハン湿地
ハンガン下流ジャンハン湿地
2006年4月湿地保護地域として環境部より選ばれたジャンハン湿地は韓国の四大江のなかで唯一川の下口がダムでふさがれていないため、川と海が交流する汽水域生態系を形成しているところです。また、長年民間人の出入が禁じられ、ハンガン下口の湿地ではたくさんの動植物が生息しています。 韓国一の柳の木群落地であり、天然記念物のまなづる、おおとり、まがもなど、約40種2万匹余りが訪れ、壮大な眺めをお贈りする冬鳥の越冬地であります。湿地で暮らす多彩な動植物が観察でき、マルトンカニ、 キバノロの亜種、あおさぎ、シラサギなど、いきいきとした自然に出会えて環境の大事が肌で感じられる場所です。