歴史遺跡

北漢山城

北漢山城

百済が河南慰禮城に遷都する際に築城された北方の城で、朝鮮王朝肅宗当時に造られた総延長10kmの城郭だけが残っています。 北漢山の太古寺境内にある圓證国師の墓塔とその碑石は宝物に指定されており、現在、北漢山城は史跡地として保護されています。

位置

徳陽区 大西門キル 375 (北漢洞 山1-1)

公共交通機関
  • 地下鉄
    • 3号線 サムソン(三松)駅 → 077番バス
    • 3号線 クパバル駅、1番出口 → 704番バス → 北漢山城入口

最終的に修正日 : 2018-11-29 13:32:04